「中学受験が人生の分岐点となった」

大釜 麻由MAYU OGAMA

賢明女子学院中学校 / 高等学校・関西大学 文学部 卒業
関西本部 総務部 一般職 | 2014年4月入社

※社員の所属・役職は取材当時のものとなります。

苦手を克服し合格できた経験

私は小学生の時に日能研に通いはじめ中学受験しました。仲のいい友達が日能研に通っているという理由で両親に塾通いをお願いしたのですが、今思えばとても不純な動機かもしれません。
最初は日能研までの電車で友達と過ごす時間や、塾友達に会えることが楽しくて通っていました。少しずつ成績が良くなるにつれ勉強も楽しくなり、苦手だった算数を克服して第一志望校に合格。塾の先生が賢明女子学院中学校・高等学校をオススメしてくれて、本当に楽しく充実した学生時代を過ごすことができ感謝しています。日能研関西に入社して10年ぶりに先生にお会いした際、私のことを覚えていてくれたのは、すごく嬉しかったです。日能研に通い、中学受験をさせてもらったからこそ、今の自分がいるのだとおもいます。

一歩先を考えた仕事

ある保護者様から「自習室を案内してほしい」とお電話をいただきました。お子様が来塾したので自習室に案内して、その場を離れました。
その夜に保護者様から「自習室の使い方の説明がほしかったし、子供の戸惑いや緊張をほぐして欲しかったです…」とお叱りを受けたのです。入社して仕事に少し慣れてきた頃だったので、自分はまだまだと痛感させられました。それからは相手の目線に立ち、すこし大げさかな?くらいの気遣いを心がけています。

働き続けたい会社だと感じた

入社してからずっと教室スタッフとして受付事務を担当していました。会社の方針で残業はなかったですが、塾業界は一般的な会社勤めの方からすると帰宅時間は遅めです。しかし午前中は自分の時間が確保しやすかったり、部署によっては夕方で帰宅することもできます。私は結婚をしていますが、家庭と両立しやすく働きやすいと感じています。今後ライフステージが変わっても働き続けたいと考えています。

学生さんに塾業界の魅力を伝えたい

現在は総務部で新卒採用活動の担当をしています。就職活動の時期はいろいろな企業を見ることが出来るので、たくさん足を運んでください。「ここで活躍したい!」と思える企業に出会えるよう祈っています。それが日能研関西であれば大変嬉しいです。

オフの自分・好きなこと

お昼に食べる「すじ玉丼」

お昼休みに、会社近くのご当地B級グルメ街をめぐるのが大好きです。実は神戸はそばめしや明石焼きをはじめご当地の美味しいランチがいっぱいあります。
最近私が特にはまっているのが、すじ玉丼です!