「働きやすい環境をつくる」

山岐 尚人NAOTO YAMAKI

大阪外国語大学 外国語学部 卒業
西宮北口本校 営業部 総合職 | 2005年入社

※社員の所属・役職は取材当時のものとなります。

面接で感じた心地よさ

「人と接する仕事で成果が見えやすい」という視点から塾業界を志望。トントン拍子で選考が進み、最終の役員面接で「この仕事のやりがいは何ですか?」と逆質問をしました。「日能研の仕事ほど、人から感謝される仕事はない」とすべての役員が返答。面接とは思えない和やかな雰囲気が、自分に合っていると感じ入社しました。

合格という明確な目標設定

入社当時の上司のアドバイスで授業を持つことになり、最初の数年間は算数の猛勉強でした。合格という明確な目標を掲げ、子どもたちや保護者をサポートするこの仕事に、とてもやりがいを感じています。受験というと毎年同じことの繰り返しを想像するかもしれません。そんなことはなく、常に改善改良の連続です。私は日々の業務でも変化をつけたり、改善の余地がないか常に考え、仕事に取り組んでいます。

色んなことにチャレンジしてほしい

教室長としてマネジメントする立場となり、教室スタッフの育成をしています。入社したばかりの方の失敗はすべて私の責任です。失敗してもいいので何でも挑戦してください。まずは色々な経験を積むことが先決です。一緒に働く方がチャレンジ精神旺盛だと嬉しく思います。

塾業界のイメージを変える

就職活動中の学生さんの中には、塾業界にネガティブなイメージを持つ方もいるでしょう。各教室長の考え方にもよりますが、私の教室では夜遅く残って残業することはありません。今いるスタッフたちは常に時間を意識して働いてくれています。子どもたちや保護者からの信頼を得て、頼もしく働く姿を見ていると、もっといい職場にしよう。という気持ちにさせてくれます。

オフの自分・好きなこと

ロードバイク

日頃からジムに行ったり走ったりと、体を動かすことが好きです。ずっと欲しいと思っていたロードバイクを購入したので、休日に遠出して走り過ごしています。